ABOUT

葛力創造舎(かつりょくそうぞうしゃ)は、通常なら持続不可能と思われるような数百人単位の過疎の集落でも、人々が幸せに暮らしていける経済の仕組みを考え、そのための人材育成を支援する団体です。

葛力創造舎の「葛」は、福島県双葉郡葛尾村の葛です。原発事故により全村避難となった葛尾村。震災前も1,500人しかいなかった村の人口は、避難指示解除後100人まで減り、将来も300人程度と見込まれています。いずれ消滅すると思われてしまう規模でしょう。

しかし私たちは、300人の村でも人々が幸せに暮らしていける方法を模索すべきだと考えます。そのためには、地域の資源を使って事業を起こし、収益をあげて地域に再投資する仕組みをつくること。そして、その循環を可能にする人材を育成することが必要です。

葛力創造舎はそれらを使命とし、葛尾村をはじめ、極端な過疎に悩む福島県双葉郡の原発事故被災地を中心に活動しています。

VISION

葛力創造舎が目指すこと

葛尾村をはじめとする福島県中・県東地域において、
「持続可能なコミュニティづくり」を支援すること。

背景: 震災により人口が極端に減少(例、葛尾村では1567名から99名に。将来予測は300人程度)

[課題] ex.300人規模の集落 継続していけないのでは? [想い] ex.地域は人が生きた証 つないでいきたい。 対策1:収入基盤づくり  対策2:スキルアップ  対策3:ファシリテーション(事務局機能)

方針: 集落を持続させていくには、
1人のスーパーマンの力ではなく300人の一般人の力を引き出すことが必要

理想: 300人でもシアワセに持続していける集落の形成

PROJECTS

事業内容

1

コミュニティ・サポート事業

・広域コミュニティづくり(コミュニティで稼ぐ力をつける)で主体性を発揮できる人材(プレーヤー)の発掘・育成

・コミュニティ内・間で資源循環の仕組みを構築するための、資源の特定とネットワーキング

・(特に原発事故被災地において)コミュニティ内に足りない資源の外部からの調達

・自立・自走を始めたコミュニティへの助言・コンサルティング

2

パーソナル・サポート事業

・普通の個人が自立・自走できるためのスキルアップ機会の提供

・おとなりと連携し、より広域の「コミュニティづくり」へ移行する動機づけの機会の提供

3

葛力ブランド事業

上記2事業の原資となる利益創出のための、自社ブランド製品・サービスの開発・販売

MESSAGE

代表メッセージ

私が震災後、福島に帰った時に聞かれたことは『なぜ福島に戻ったのか?』ということだった。

私が生まれた葛尾村は、人口1500人で財政の4分の3が地方交付税交付金、国庫支出金、県支出金などで自主財源は少ない。高齢者率も極めて高く、30歳以下が250人もいない。今回の震災では全村避難になっている。
震災前からささやかれていたことだが、人口も少ない、お金もない、産業もない、効率が悪い…だから存在する価値がない、ということらしい。

しかし、それで本当に良いのだろうか?

私が今でも葛尾村仮設に入ると、道行く人があいさつをし、声をかければ喜んで話をしてくれる。人がくれば、自分のことを後回しにし、精一杯もてなし、その屈託のない笑顔で迎えてくれる。
素直で、優しく、思いやりのある…日本らしさを色濃く残している。

私はこの愛らしい人たちを、この人たちを育てたコミュニティーに寄り添っていきたい。

私は震災を経験し、原発の被害に今も苦しんでいる、いらないと言われた小さな村、葛尾村を中心に、
「コミュニティーとは何か?」を福島県に、日本に、世界に大きく発信していきたい。

地方にある人・自然・文化を使い、古を引き継ぎ、新しきを創造し、次世代への新しい社会を創造する。
この一般社団法人葛力創造舎はそのための活動をしていきたい。

2012年2月11日
一般社団法人 葛力創造舎 代表理事
下枝浩徳

TEAM

チーム紹介

  • 代表
    下枝浩徳

    福島県葛尾村出身。東京電機大学、東京電機大学大学院にて地盤工学を学び、海外で井戸掘削を行う一般企業に勤務する。その後福島にUターンし国会議員秘書を経て2012年に一般社団法人葛力創造舎を設立。

  • 事務局
    中川雅美

    神奈川県川崎市出身。東京の企業数社で20年以上、編集・制作・広報の仕事に携わったのち、2014年初から福島へ。復興庁からの派遣職員として原発事故被災自治体にて広報活動の支援に入る。任期終了後も福島に残り、現在はフリーのライター&助っ人として複数の団体を支援中。

  • 事務局
    安島亜弥

    福島県いわき市出身。3児の母。震災後は仕事をしつつ、地元久之浜に関わることや物資支援から放射線の測定、勉強会、講演会などを開催。

  • 地域コーディネーター
    佐藤あゆみ

    福島県平田村出身。日本大学工学部で化学を専攻。子ども英会話教室の営業を経て、2016年9月にNPO法人まざっせKORIYAMAに移住促進担当として入社。

  • 地域コーディネーター
    片岡直樹

    茨城県つくば市出身。現在、日本大学工学部にて機械工学を専攻中。また昨年より、地域コーディネーターとしても活動を開始。学内にて、地域連携活動研究会に所属し活動中。

  • 地域コーディネーター
    佐々木瞳

    青森県八戸市出身。郡山女子大学の食物科に所属し栄養について学ぶ。将来は管理栄養士として地域住民に近い距離で栄養指導をしていきたいと活動中。

  • 地域コーディネーター
    秋元菜々美

    福島県富岡町出身。中学一年生で被災を経験、いわき総合高校にてコミュニケーション演劇を学び、現在は国際ビジネス公務員大学校にて、公務員を目指し勉強中。

  • 経営アドバイザー
    水野貴允

    兵庫県姫路市出身。早稲田大学商学部を卒業後、経営コンサルタント会社にて成長戦略の策定や投資検討時における企業の事業性評価・事業計画の策定、特定プロダクトのブランディングや資金調達、新規事業の立ち上げ、コスト構造改革、アジア事業展開や日本市場参入などの実行支援など数多く手掛ける。

  • 法務アドバイザー
    遠藤千尋

    福島県福島市出身。東京外国語大学でドイツ語、東北大学で教育学(修士)、一橋大学法科大学院で学んだ後、一般企業を経て弁護士登録。現在ITベンチャーの法務担当として勤務する傍ら個人事務所にて弁護士業も継続中。

  • 会計アドバイザー
    今村章太郎

    埼玉県川口市出身。中央大学を卒業した後、公認会計士試験に合格。大手監査法人、大手税理士法人で会計監査、税務の経験を積み、2016年8月に今村章太郎公認会計士・税理士事務所を開設。

  • デザインアドバイザー
    藤城光

    茨城県水戸市出身。埼玉大学教養学部卒業後、東京にてデザインの仕事や現代美術の制作活動をはじめる。2010年にいわき市に移住。記憶と境界をテーマにした作品をつくる。2010年個展『ぬけあい』(ROCKET /表参道)開催。

ABOUT US

組織概要

運営団体
一般社団法人 葛力創造舎(かつりょくそうぞうしゃ)
設立
2012年2月11日
代表理事
下枝浩徳
事務所
(本部)福島県双葉郡葛尾村大字落合字夏湯134
(郡山事務所)福島県郡山市富久山町八山田前林10-4 光商事ビル
Tel
0240-23-6820
Mobile
090-5230-8914

MEDIA

メディア・トークイベント

MEDIA

ラジオ
  • 福島FM
  • ラジオ福島
  • 山口放送ラジオ
新聞
  • 福島民報新聞社
  • 福島民友
  • 毎日新聞
雑誌
  • しがくニュースペーパー
  • カレント

TALKS

  • 若手ビジネスマン勉強会 カカ会
  • 第四回國護り演説大会
  • 福岡市商工会女性部
  • 福岡県志免町
  • 早稲田大学
  • 東洋大学
  • 会津南中学校
ページ上部へ